クリニックブログ

2017.09.04更新

避妊目的や生理痛緩和のために、外来でピルを処方する際、問診票をチェックしてもらうのですが、その中でよくひっかかるのが、喫煙と

片頭痛

です。

まぁ、喫煙がダメなことは説明しなくてもいいと思うので、今回は片頭痛についてまとめてみたいと思います。

ピルを飲んではいけない人の条件として、

前兆を伴う片頭痛

という項目があります。

 

日本神経学会・日本頭痛学会の発表によると、

片頭痛の方がピルを飲むと脳梗塞のリスクが

7倍

前兆のある片頭痛持ちで喫煙していると、脳梗塞のリスクが

10倍

になるのです。

 

なので、前兆を伴う片頭痛の方には、ピルではなく以前説明したミレーナがおススメ、ということになります。

前兆を伴わない片頭痛の方であれば、ピルは慎重投与ということになるので、主治医の先生と相談しながら服用してくださいね。

ピルの飲み初めには頭痛が悪化したり、新たに頭痛が出てくることがあるのですが、ピルを継続することによって問題なくなることが多いです。

ちなみに、みなさんの片頭痛のタイプは短時間型ですか、長時間型ですか?

生理と関連する頭痛は、発作の時間が長いことがあります。

もし、一度片頭痛が起こると24時間近く続く、っていう方はアマージという、長時間作用型の処方薬があるので、そちらも検討してみてください。

保険を使っても1粒あたり300円くらいするので少しお高いのですが、その変わり長時間効いてくれるので、試してみる価値はあると思いますよ。

それ以外の治療薬としては、

ディナゲスト

というホルモン剤があります。こちらも生理痛に対してよく効くお薬ですが、少し前まで保険を使っても1か月9000円近くしていました。

ただ、今年になってからジェネリックが発売されたため、およそ半額の1か月4000円前後で内服できるようになりました。

 

もし、生理痛がつらいけど片頭痛などの条件でピルが内服できない方は、ディナゲストも選択肢として考えてみてください。

ちなみに、ピルとは違ってディナゲストは血栓症のリスクはありませんよ。

 

投稿者: 平和島レディースクリニック

2017.09.01更新

避妊や生理痛に対して使っている低用量ピルには、卵胞ホルモンと黄体ホルモンの二種類が含まれています。

 

そして、この二種類のホルモンを同時に服用することで心配される副作用が

 

血栓症

 

というもの。

 

血管の中に血栓という血の塊が出来てしまって、脳の血管を詰まらせてしまう脳梗塞だったり、肺の血管を詰まらせてしまう肺塞栓だったり、ひどい場合には命に関わる副作用です。

 

もちろん、この血栓症がおきるリスクというのは非常に低くて、

 

何も薬を飲んでいない人で1万あたり1~5人程度。

それがピルを飲むことによって、3~9人に増えます。

 

この数字を多いと取るか少ないと取るかは難しいところですが、生理痛がとてもつらくて寝込むほどの方には、ピル内服を十分考えてもいいのではないでしょうか。

 

ちなみに、この血栓症という病気、妊娠することでも起きてしまうんです。

 

妊娠中・分娩後12週間の間に血栓症が起きる確率は

 

1万人中50人ほど!

 

そう考えると、ピルのリスクはかなり低いと言えます。

 

もちろん、ピルによる血栓症=死というわけではなくて、ピル服用中の死亡率は10万人に1人程度ともいわれています。

 

この血栓症のリスクについては、日本産科婦人科学会にも報告されていますので、こちらも参考にしてくださいね。

http://www.jsog.or.jp/news/html/announce_20131227.html

 

 

ちなみに、ピルの種類のひとつにルナベルというものがあります。

かなり前から発売されていたのは、ルナベルLD

 

そして、血栓症を軽減できるのでは、という目的で、卵胞ホルモンを減らして新たに発売されたのが、ルナベルULDです。

 

で、実際に副作用はどうなったかというと・・・

 

新しく発売されたルナベルULDでは不正出血の確率が高くなってしまいました。

 

その代わりに吐き気が出る確率は下がったのです。

 

つまり、不正出血の悩みが大きい方は新しいULDがおすすめ。

吐き気でLDがダメだっていう人は、ULDおすすめってことになります。

 

ただ、肝心の血栓症に関しては、現在のところ、LDもULDも違いはないようです。

 

あと、時々いらっしゃるのが以前ピルを飲んでいたんだけど、少し止めていて、また再開したい、という方。

 

もちろん、それでもいいんですけど、ピルの血栓症に関していえば、ピル飲み始めが一番血栓症が出やすい時期なんです。

なので、一度やめて、また再開すると、もう一度血栓症が出やすい時期を過ごさないといけなくなります。

 

いろんな理由があって、ピルを一時お休みするのはいいんですけど、せっかく飲んでて調子がいいのなら、あえて血栓症のリスクを心配するのはもったいないので、できればピルは飲み続けてくださいね。

 

投稿者: 平和島レディースクリニック

2017.08.30更新

生理痛に対する治療として、今回説明するのが

 

ピル


です。

 

女性に聞くと、いまだに

・ピル=避妊

・ピル=遊び人

ってイメージがあるようで、それがとても残念です。

 

ピルの効果は、避妊に限らず、生理痛も軽くなるし生理の量も減るし、生理前の調子の悪さも軽くなるし、メリットがとても多いんですよ!

もちろん、いろんなデメリットもあるんですけど、それは、薬すべてに言えること。

 

デメリットを十分理解したうえで、一度内服してみると

こんなに楽になるんだ

っていう方も多いですから、ぜひ前向きに考えてもらいたいです。

 

一度飲み始めたからと言って、ずっと飲まないといけないわけではないです。

ただ、裏を返せば、飲んでいる間は調子いいんですけど、飲むの止めたら数ヶ月でもとに戻っちゃいます。

 

なので、お子さんを考えている方にとっては、生理痛コントロールのために

 

ピル内服(もしくは、ディナゲストやミレーナ)

 ↓

妊娠・出産

 ↓

ピル内服再開(もしくは、ディナゲストやミレーナ)

 ↓

閉経

 

が理想的な流れになると思います。

 

 

閉経が近くなってくると、ピルの副作用も少し気になり始めるので、違うホルモン剤を考える事になると思いますが、そのあたりは、後日詳しく書きたいと思います。

なので、今日はピルへの抵抗感を少しでも減らしてもらえればありがたいです。

 

まず、ピルのメリットについては先ほども書いたように

 

・生理痛が楽になる

 

・生理の量が減る

 

・生理前の調子の悪さが楽になる

 

・ピルの種類によってはお肌の調子がよくなる

 

・女性が主体的に避妊できる
(コンドームは男性主体の避妊ですよ!)

 

このあたりのことで悩んでいる方は、一度ピルについて考えてみてくださいね。

 

 

それで、デメリットについて、メジャーなものとしては

太りやすい

血栓症

です。

 

まず、太りやすいってことに関しては、

 

そんなことありません!!!

 

って言いたいんですけどね。

 

実際、論文上はピルの副作用に体重増加はないんです。でも、ピル飲んでから太ったっていう患者さんがいるのも事実。

論文上のデータを尊重すると、ピル飲んでも飲まなくても太ったのでは・・・なんて可能性も考えたくなりますが。

 

ピルの副作用として浮腫みやすさがあるので、その結果としての体重増加はありえますし、ピルを飲んで調子よくなったおかげで食欲が増えて・・・

っていうのもあり得ます。

そこはメリット・デメリットを比較してもらうしかないですよね。

 

生理痛などの悩みが楽になるメリットが大きい方には、是非一度ピルを考えてみてもらいたいです。

ちょっと長くなったので血栓症に関しては、また今度・・・

投稿者: 平和島レディースクリニック

2017.08.28更新

今回は生理痛に対する治療として、子宮の中に棒をいれることについて説明したいと思います。

 

手術ってわけじゃなくて、外来で内診台にあがってもらって、ほんの数分で終わっちゃうんですけど、3cmちょっとの棒を子宮の中にスッと入れます。

 

経産婦さんだと、比較的少ない痛みで入れられますが、未産婦さんだと痛みが強くなることも。

痛みがどうしても。。。という方には麻酔をする方法もあるのでご相談ください。

 

製品名としてはミレーナ

f:id:obgyne:20151223103116g:plain

 

この白い棒みたいなものにホルモン剤がしみ込んでいて徐々に放出され、子宮にだけ作用するというものです。

なので、吐き気などの全身症状は出にくいのも特徴。

 

生理痛に対する飲み薬でディナゲストっていうのがあるのですが、それと同じ様な成分がしみ込ませてあります。

(ディナゲストもミレーナも黄体ホルモンですが、ディナゲストはジェノゲストという黄体ホルモン、ミレーナはレボノルゲストレルという黄体ホルモンを使っています)

 

こちらは、ピルで心配されるような血栓症という副作用は考えなくても大丈夫。

しかも、1度入れてしまえば、5年は有効期間があるので、入れっぱなしでいいっていうのも楽!

 

副作用として、入れた後に不正出血があるのはディナゲストと同じ。

あとは、ミレーナを入れるときにばい菌が一緒に入って腹痛が出ることがありますが、そういった副作用が出ることは、確率的にはすごく低いです。

 

費用的にも1万円ちょっとなので、5年間それで済むっていうのはお財布にもやさしいです。

 

なので、海外での子宮内膜症の治療ガイドラインではミレーナが第一選択になっているくらい。

 

正直、外来でお勧めしても、体内に異物を入れることに抵抗があって、なかなか受け入れられませんが、個人的にはもっと普及してもいいのではないかと思っています。

 

また、ミレーナを入れることで避妊効果も期待できます。

ミレーナのパール指数(1年間で何%の女性が妊娠するか)は0.14

コンドームは3~15%程度、ピルはしっかり飲んで0.1

 

ですので、避妊という意味では、ほぼ毎日飲み続けるピルと同様の効果が、5年間持続するという理屈になります。

 

もちろん、いざ妊娠を考えたときに、ミレーナを取り除けばまた妊娠できる状態に戻ります。

 

今、妊娠を考えてなくて、生理痛に悩んでいる方はミレーナも選択肢として考えてみてくださいね。

 

 

投稿者: 平和島レディースクリニック

2017.08.25更新

今回は生理痛に対する治療法として手術についてまとめたいと思います。

基本的には

悪いところを取る!!

以上です。

 

例えば卵巣が腫れてたら腫れてる部分を取るし、子宮の中に子宮筋腫というコブがあれば、そのコブを取ります。

もちろん、年齢によっては子宮そのものを取ったり、卵巣そのものを取ることもあります。

最近は腹腔鏡といって、内視鏡手術で出来ることが多いですね。

こういう話をすると、腹腔鏡手術はニュースで取り上げられたので、不安を訴える患者さんも多いですが。

ただ、日本国内での12万件におよぶ婦人科内視鏡手術において、手術が原因で亡くなった方はいなかったっていう調査結果が出ています。

ですので、婦人科での内視鏡手術に関しては、かなり安心してもらって大丈夫だと思います。

 

実際に手術する立場としても、内視鏡手術は見たいところをかなり拡大して手術するので、細かい動きもできてやりやすいんです。

もし、開腹手術だけ勧められている方がいましたら、腹腔鏡手術をたくさんやっている病院でも相談してみてください。

男性は体の傷に無頓着ですけど、女性はいくつになっても自分の体に傷はつけたくないですよね。

腹腔鏡は本当に小さな傷跡になりますから。

投稿者: 平和島レディースクリニック

2017.08.23更新

前回は(http://www.heiwajima-ladies.com/blog/2017/08/post-12-554699.html)、

生理痛つらい人は早めに受診してね、ってところで終わりました。

では、実際に受診された場合に、どういった検査・治療をするか説明していきたいと思います。

 

まずは検査について。

基本的には超音波で子宮や卵巣をチェックします。

超音波するには内診台っていうのに乗ってもらって、腟から3㎝くらいの太さの超音波の機械を入れるんですが、性行為をしたことがある人なら、それほど痛くないはず。

ただ、性行為をしたことがない方はちょっとつらいかも。

ゼリーたっぷりつけて、直腸、つまりお尻の穴から超音波の機械を入れることもあるんですが、性行為をしたことがない人には、それも抵抗が強いかと思います。

そういう時は、少しお金がかかりますがMRIで調べる方法もあります。

CTのように寝ていれば終わる検査なのですが、総合病院で後日受けてもらって、保険を使って8000円ほどかかります。

急を要する場合は、超音波の検査をがんばって受けてもらわないといけないのですが、そうでもない時は、MRI検査という手もあるのでご相談ください。

 

そういった検査で、子宮が通常より厚くなっていたら、子宮腺筋症っていうのが疑われますし、卵巣が腫れてたら、チョコレート嚢腫というのが疑われます。

ちなみにチョコレート嚢腫って、本当に中身がチョコレートみたいなんですよ。

古い血液が溜まってて、プスって刺すとチョコレートが出てくるイメージです。

 

実際の治療は、お薬を飲むか、子宮の中に3㎝くらいの棒を入れるか、手術をするかになります。

 

次回は、それぞれの治療について詳しく説明したいと思います。

投稿者: 平和島レディースクリニック

2017.08.19更新

生理痛、我々は 月経困難 dysmenorrhea

略して「dysm.」ってカルテに書いたりします。

紙カルテで、月経困難なんて画数多い字を書いてる時間がないので、そういうときだけ英語の出番。

 

10代の女性は年齢とともに軽くなっていくことが多いものの、20代以降では年齢を重ねるごとに、ひどくなっていくことが多いです。

 

月経困難の原因として子宮内膜症っていうのがあります。

子宮の内側に子宮内膜っていう部分があって、この内膜組織がどういうわけか、子宮の筋肉の中に入り込んだり、子宮の外に飛び出て、卵巣にくっついたり。

 

子宮の筋肉の中に入り込んだタイプは子宮腺筋症って言いますし、卵巣についたのは、チョコレート嚢腫とか、内膜症性嚢胞って言います。

 

こういうのは何も治療しないと年々悪化して、症状がひどくなっていくんです。

もちろん、どこかで妊娠したら、その間は生理がないので、妊娠を機に生理痛が楽になるっていう方もいますけど、生理を重ねるごとに生理痛はひどくなっていって、最終的には生理以外でも痛くなるんですよ。

例えば、排便時とか性行為の時とかに。

 

そして、そこまで悪化した時、もし手術が必要になっていると、とても手術が大変。

子宮と腸がくっついていると、それを剥がさないといけなくなるんですがその時に腸に穴が開いて、一時的に人工肛門が必要になることも・・・

 

まぁ、そこまで酷くなることは少ないんですけど、手術をする立場としては、もっと早く治療を受けてもらいたかったな、と思うのが実情です。

 

そんなわけで、生理痛で困っている方は、ぜひとも相談に来てください。

投稿者: 平和島レディースクリニック

一人ひとりの患者さんに向き合いたい

女性特有のお悩みにもじっくり耳を傾け、適切な治療を行います。お気軽にご相談ください。

  • tel_0357630888.png
  • WEB予約はこちら
staff staff blog