クリニックブログ

2017.10.24更新

以前(不妊症についてのブログ)PCO 多嚢胞性卵巣症候群について説明したのですが、

今回はもう少し踏み込んで書いてみたいと思います。

 

 

繰り返しになりますが、PCOというのは、簡単に言ってしまうと、なかなか排卵しづらくって、その影響で月経不順になったり、不妊症になったりしてしまう状態です。

 

 

生理不順や不妊症に困っているようであれば、それぞれに対して治療をしていくことになります。

 

もし、PCOと言われて、出来るだけ早く妊娠したい方は、当然ながら産婦人科を受診してもらう必要があります。

何もしなければ排卵しづらい状況なので、そのままだとなかなか妊娠できないからですね。

 

 

ただ、今すぐの妊娠は考えてないけれど、将来的には妊娠したいなぁと思っている方も多いと思います。

 

 

そういう方が通院せずに出来ること、それは一言でいうと

 

体重管理

 

ただ、極端に体重を減らしすぎると、

 

体重減少性無月経

 

と言って、これまた生理不順や不妊の原因になりますので、過度の体重減少は考え物。

ですので、もし今の体重がBMI:25以上の方は体重管理を考えてください!

 

ちなみに、BMI:25以上というのは

 

150㎝だと56kg以上

 

155㎝だと60kg以上

 

160㎝だと64kg以上

 

になってきます。

 

 

具体的な計算方法は

 

25 x 身長(m) x 身長(m)

 

です。身長の単位がメートルなので、

 

155㎝の方は、1.55 で計算してくださいね。

で、5%~10%程度の減量で排卵率や妊娠率が改善すると言われています。

 

ですので、日ごろから出来ることといえば

 

体重コントロール

 

を頑張っていただければ、と思います。

投稿者: 平和島レディースクリニック

2017.10.23更新

以前から子宮がん検診を受けましょう

という話をしていたのですが、

時々、卵巣癌はどうすればいいのですか、と

聞かれることがあります。

また、手術で子宮は取ったんだけど、

卵巣は残した場合、

今後の癌検診はどうすればいいのか

聞かれることもあります。

子宮頸癌検診のように年に1度の

検診を受けていればそれでいいのかと

いわれると、残念ながら卵巣癌には

検診というものが存在しないのです。

それは、なぜか。

卵巣癌は、いざ癌になるとあっと

いう間に進んでしまうからです。

つまり、1年前に検診をして、

卵巣癌がなかったとしても

その1年後には、もう進行した

卵巣癌になっている

可能性は十分ありえるのです。

実際、卵巣癌の50%以上は進行した

状態で見つかっており、手術や

抗がん剤を用いても

70%は再発するといわれています。

ですので、自覚症状が何かあれば、

そのまま放っておかずに、婦人科を

受診してもらいたいのです。

では、どういった自覚症状が問題に

なるのか。

それは、

・お腹周りが大きくなった
・下腹部が何か痛い
・トイレが近い、もしくは出しづらい
・すぐお腹いっぱいになる

これらの症状が、気になるようであれば

婦人科を受診するのがおススメです。

もちろん、毎月超音波で検査していれば

仮に卵巣癌になったとしても、かなり

早期に見つけることができると

思いますけど、毎月婦人科に行って

超音波の検査を受けるのって、あまり

現実的じゃないですよね・・・

ですので、さきほど説明したように、

・お腹周りが大きくなった
・下腹部が何か痛い
・トイレが近い、もしくは出しづらい
・すぐお腹いっぱいになる

こういった症状をよく感じるように

なったら、一度婦人科を受診するように

してくださいね。

投稿者: 平和島レディースクリニック

2017.10.19更新

不妊治療について。

 

といっても、不妊治療に関してはとても長くなってしまうので、何回かに分けて書きたいと思います。

 

まず、最初に不妊症というのは何か。

妊娠を希望し、継続的に性行為を行ったにもかかわらず、

1年間 妊娠にいたらない場合を、不妊症といいます。

この1年間という期間に関しては、

少し前までは2年間とされていました。

それが、定義の変更で

1年間と短縮されたのです。

しかし、実際に診療をしていて、

この1年とか2年とかいう定義はあまり

関係なくて、患者さんが今すぐにでも

子供が欲しい!と思ったら、もうその

時点からいわゆる不妊検査を

開始していくのでもいいのではないかと

思っています。

そこで、不妊治療としてまず始めるのが、

何か妊娠しづらい原因がないか、

という一般的な検査。

血液検査をしてホルモン値に異常がないか、

超音波をして子宮や卵巣に異常がないか、

また、患者さん自身に基礎体温をつけて

もらって、ちゃんと低温相と高温相に

わかれているかどうかの確認、

もちろん、ご主人の検査も必要です!!

不妊症の原因って、確率的にご主人にも

半分くらい原因があるって言われて

いますから、ご主人の精液検査も、とても大事。

そうやって、一通り検査をして、何か異常がみつかれば

それぞれに対して治療をしていくことになります。

 

外来をしていて、よくいらっしゃるのが

PCO という状態。日本語で言うと、

多のう胞性卵巣症候群と言います。

 

これは、卵巣の中に小さなランポウが

沢山あって、結局どれも排卵できないってタイプです。

ランポウっていうのは、生理後に徐々に大きくなって、2週間ほどで破れて、

中にある卵子をお腹の中に放出するものです。

 

PCOの患者さんは結構多い印象ですね。

うまく排卵できないので、基礎体温を

つけても何かガタガタしていて

いつ体温が上がったのかわからないのが特徴です。

もちろん、毎回絶対排卵しない訳では

ないので、たまにポッと排卵して、

そこで妊娠する方もいらっしゃいますが、

基本的には排卵しづらいので、

PCOと言われた方は、妊娠を考え

始めたときに、早めに不妊治療を

始める必要があります。

 

 

投稿者: 平和島レディースクリニック

entryの検索

月別ブログ記事一覧

カテゴリ

一人ひとりの患者さんに向き合いたい

女性特有のお悩みにもじっくり耳を傾け、適切な治療を行います。お気軽にご相談ください。

  • tel_0357630888.png
  • WEB予約はこちら
staff staff blog